テキストテキストテキスト

実行されてからでは遅い!代位弁済にならないためにできることとは?

「代位弁済」、聞き慣れない言葉ですよね。


ローン会社から急にこういった書面が届いたら、驚く方がほとんどではないでしょうか。


フリーローンを取り扱っている銀行には、保証会社による保証が付与されています。債務者(お金を借りている人)、つまりあなたからの返済が滞った場合、保証会社はあなたに代わって債務(ローンの残りの額)を返済するのです。


これが代位弁済です。ですが、保証会社があなたの代わりにローンを支払ってくれたからと言って、あなたの債務が消えたわけではありません。保証会社はあなたに債務を一括で払うように求めてくるでしょう。


代位弁済されたという記録は「事故情報」として、あなたの信用情報に長期間記録されます。こうなると、新規でクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることがかなり難しくなってきます。


住宅ローンの審査が通らず、よく調べてみると代位弁済された記録があり、配偶者にバレてしまった……なんてこともよく聞く話です。


代位弁済が実行されるのは、金額や融資の状況によって異なります。一般的には、3ヶ月の滞納後、督促しても支払う意思を見せなかった場合に実行されることが多いようです。


こうなる前に、返済が難しくなりそうだと思った時点ですぐにローン会社に相談しましょう。今まできちんと返済している方であれば、ローン会社も相談に乗ってくれるかもしれません。


また、金利の安いフリーローン等への借り換えの検討も有益です。返済期間を長くすれば月々の支払い額が減るので、延滞することなく返済できる可能性もあります。


まずは、自分の返済計画に無理がないか、定期的な見直しが必要です。

???

オススメカードローン

↑ PAGE TOP