テキストテキストテキスト

フリーローンの使い道、申し込みと別のことに使ったらバレる?

フリーローンは、その名前の通り使い道に制限はありません。自動車購入と生活資金等、複数の使い道を考えている方にはとても心強いローンです。


最初に使い道を申告する必要がある場合もありますが、それが審査の対象になることはほとんどありませんし、お金を手に入れた後で違う用途に使ってもペナルティはほぼありません。


ローンのおまとめにも使える


少額のカードローンが複数あって返済が面倒……なんてこと、ありませんか?


金利の低いフリーローンで今のカードローンを一本化

ほとんどのフリーローンは、ローンをまとめるのにも使えます。少額とはいえ、返済期間が長くなればなるほど支払う利息も多くなります。これをフリーローンに一本化することは、返済計画を立てる上でも有益と言えるでしょう。
また、フリーローンはカードローンよりも金利が低いことがほとんどです。今借りているカードローンよりも金利の低いフリーローンで一本化すれば、支払う利息も減り、返済速度も上げられるでしょう。


事業性資金には使えない


便利なフリーローンですが、使い道に制限があるものもあります。それは、事業性資金です。


事業性資金とは、その名の通り事業を行うのに必要な経費です。平たく言うと、商売をするのに必要な経費ですね。店舗の設備購入資金や仕入れ等がこれに当たります。フリーローンはあくまで個人向けのローンなので、商売に関する用途には使えません。


他にも、株やFXの資金とすることを禁じている銀行もあります。申し込みの際に規約をよく確認しましょう。


このように若干の制限はありますが、ルールを守ればフリーローンはさまざまな用途に使える便利なローンです。複数の用途でまとまったお金が必要……という方におすすめです。


???

オススメカードローン

↑ PAGE TOP